お気軽にお問い合わせください。

03-6261-7371【受付時間】平日10:00~18:00

Plan

軽減税率特別プランTAX

2019年10月に予定している消費税率10%への引き上げに合わせて、低所得者対策として軽減税率制度が導入され、8%と10%の複数税率になります。軽減税率の対象品目に「飲食料品(酒類・外食を除く)」が含まれている為、飲食店の経営に大きく影響を与えると言われています。ZeiLabでは、飲食店経営者様がわかりづらい税務に手を取られる事なく、本業に専念できるよう、飲食店様限定の「軽減税率対策プラン」をご提供しております。

軽減税率特別プラン | イメージ画像

飲食店にどんな影響が?IMPACT

飲食店は、販売している商品や店舗の業態によって税率が変わり、原材料の品目によっても税率が変わるため、販売時と仕入れ時にそれぞれ2種類の税率で記帳する必要があります。レジなどの設備も複数税率に対応したレジを用意する必要があり、雇用している従業員への教育や、税率の低い中食・テイクアウトへの顧客流れも懸念されています。

売上・仕入を適用税率別に記帳
売上・仕入れを適用税率別に記帳
対象品目を理解させる為の従業員教育
対象品目を理解させるための従業員教育
複数税率に対応したレジへの買い替え
複数税率に対応したレジへの買い替え
顧客流れによる経営悪化への対策
顧客流れによる経営悪化への対策

プラン概要OVERVIEW

軽減税率が導入され飲食店の経営者や従業員が頭を悩ませるのは、「軽減税率8%」と「標準税率10%」の線引きがわかりづらい事だと言われています。このプランでは、対象品目の分類に関する相談・指導から、飲食店の税務に精通した税理士の紹介やレジ導入補助金の申請支援まで、軽減税率導入後も慌てずに経営を続けられるための支援を行わせて頂きます。

●対象品目分類のご説明

●飲食店の税務に精通した税理士の紹介
 (記帳代行・給与計算・月次監査)

●複数税率対応レジ導入の申請書類作成・提出支援

●会計ソフトの導入支援

●販売方法のアドバイス

●税務・会計アドバイス

●資金調達支援

※料金の詳細はお問い合わせください。

軽減税率の対象品目は?ITEMS

軽減税率の対象品目は「①酒類・外食を除く飲食料品」「②週2回以上発行される新聞」とされております。しかし、「外食」と「飲食料品」の線引きがとてもわかりづらく、「外食」の定義をしっかりと把握する事が大切です。

軽減税率の対象品目は? | イメージ画像 軽減税率の対象品目は? | イメージ画像

★軽減税率と標準税率の線引きが難しそうな話題を、動画でわかりやすく説明しております。

どうやったら補助金がもらえる?SUDSIDY

対象の品目を扱っている飲食店の場合、中小企業庁より補助金を受け取れる場合があります。現在のレジの状況にもよりますが、複数の申請書類を提出する必要があり、また、2019年9月30日までに導入完了しなければならないという期限があります。申請は導入後ですが、少しだけ申請期限に余裕があり、2019年12月16日(消印有効)まで受け付けてもらえます。

どうやったら補助金がもらえる? | イメージ画像
ページのトップへ戻る